2021年04月21日

南米料理特集が始まります!

最後の取材旅行から、はや1年5カ月が経ちました。

「新しい料理を調べに行けないから大変ですね」

とのお言葉をしばしば頂戴しています。

しかし、ご心配には及びません。
実のところ、料理の引き出しは、あと1年分以上あるのですよ。
特集ごとにご紹介しているのは平均的に3品ですが、
現地ではそれ以上の数の料理を取材しています。

最終的においしかった順ではなく、
料理同士のバランスを考えて絞り込んでいるので、
惜しくも先発から漏れたスーパーサブが結構あるのですよ。

そして『隠し玉』的な企画もあります。
そのひとつが今回ご紹介する、

『南米料理特集』!

これは僕らにとって最も思い入れ深い旅のひとつでした。
なぜなら、初めての料理取材を目的とした旅であり、
かつ最遠、最長期間の旅でもあったからです。
(加えて最も困難な旅でもありました)

今回、メニュー作成に当たって当時の写真を選別していたら、
思わず手が止まってしまいましたよ。
一枚一枚に思い出がありましたからね。

ルートはメキシコに始まり、
エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、パラグアイ、
ウルグアイ、ブラジルの9カ国ですが、
今回は大陸南部に焦点を当て、
ペルー、チリ、アルゼンチンからそれぞれ一品を再現しました。

いすれも近代国家の枠を超え、
先住民族の食文化まで遡る歴史を持った料理です。
これを機に、なじみの薄い地球の裏側の国々に、
興味を持っていただけたら幸いです。

あ、それから恒例のヴィーニョヴェルデフェアも始めますからね。
野方で小さな旅に行きませんか?

えーじ
posted by ととら at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188601108

この記事へのトラックバック