2022年11月30日

どっちに転んでも

柴又で初めての連休。
7月20日の再スタート以来、溜まった疲れをここで癒し・・・

というわけではありませんでした。

昨日は新型コロナワクチンの4回目の接種。
そう、副反応を見越して今日はオフにしていたのです。
3回目のときは、翌日もともこが38度後半の熱を出し、
とても仕事どころではありませんでしたからね。
そして昨日は・・・

午前10時、近くの病院でワクチンを打ってから、
昼食後、早々にカロナールを服用したともこ。
僕は前の3回がほとんど何も起こらなかったのでスルー。

ところが夕飯を食べ始めた20時ごろ。

「なんか今夜は涼しいな」
「あたし体がだるくなってきちゃった」
「ん? 室温は21度ある」
「熱が出てきたのかな?」
「そうかもね。
 食べ終わったら追加でもう一錠飲んでおいた方がいい」
「えーじも念のために飲んでおけば?」
「そうするよ。この室温で涼しく感じるのは変だ」

そして22時。
僕が仕事部屋から寝室へ戻ると、ともこは早々にベッドの中。

「どうだい?」
「熱が38度6分くらいまで上がったんだけど、少し下がったよ。
 薬が効いてきたのかな?」
「良かったね。そのまま寝ちゃった方がいい」
「えーじはどう?」
「さっき熱を測ったら37度4分だった」
「大丈夫?」
「この程度なら平気だよ。これ以上は上がらないだろうし」

ところが24時を周るころ、僕は読みかけていた本を閉じ、

なんか寒気がするな。
嫌な感じだ。

そこで熱を測ると・・・

うげ。38度2分だって?
ありゃりゃ、今回は僕も出ちまったか。

寝室ではともこが熱を測っていました。

「起きちゃった?」
「う〜・・・寒い。
 また熱が上がってきたみたい。
 体温は・・・えっと・・・38度6分」
「ん〜、やっぱりカロナールじゃ効かないか」
「えーじは大丈夫?」
「僕も38度超えだよ」
「え〜!? ふたりして?」
「そう。旅先だったら洒落にならないけど。ま、自宅なら大丈夫さ。
 追加でもう一錠飲んでおくよ。
 ともこは間隔が短すぎるから様子をみよう」
「あたしはもう座薬にしようかな?」
「ああ、ボルタレンの座薬か。この前はあれが効いたからね」

そして26時。

「どう?」
「悪寒は消えたけど熱が下がらない。
 ともこは?」
「すごい汗。でも平熱に下がったよ」
「そんじゃ僕も座薬に切り替えるか。
 シャツを着替えて眠れるならそのまま寝ちゃった方がいい」

しばらくして僕も眠りに落ち・・・

ん・・・? 朝か? 何時だ? 10時?

「起きた?」
「ああ。爆睡しちゃったな。体調は?」
「戻ったみたい。平熱だよ」
「僕も測ってみるよ」

36度5分・・・か。はぁ、やれやれ。

新型コロナが発生して早3年。
皮肉なことに、この間、僕らが寝込んだのは、
すべてワクチン接種絡みでした。

そういえば、ずいぶん前のことですが、ヘルプデスク時代、
コンピュータウイルスの感染事案より、
アンチウイルスソフトに起因するトラブルシューティングの方が、
数的にはずっと多かったっけ。

こういうときは、
どっちに転んでも楽なことはありませんね。

えーじ
posted by ととら at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189960281

この記事へのトラックバック