2012年01月22日

ととらな引越し

自分たちで出来ることは可能な限り自分たちでやる。

これは僕たちが決めた「ととらポリシー」のひとつ。

自力で引越しした、と言えば、
そんなの業者に頼めばいいのに、と返されるのが常ですが、
僕たちはこうしたポリシーを持っているので、
愚直にDIY路線をまっしぐら。

確かに後日、筋肉痛に悩まされはしたものの、
ちょっとしたコツで意外と楽に出来るのですよ。
たとえば、

1.荷物を梱包したダンボールに内容物と置き場所を書いておく。
2.本など量が増えると重いものは中サイズ以下のダンボールに入れる。
3.搬出は小物から、搬入は大物から。

これをやるだけでも捗り方に大きな違いが出ます。

それと一番大切なのはこれ、
「1年ルール」

そもそも荷物が少なければ、引越しは自ずと楽になります。
そこで1年使っていなかったものは、思い切って廃棄しました。

最初はちょっと躊躇することもあるけれど、
思い起こせば、1年間使っていなかったものを、
再度使い始めた記憶はまずありません。

もっとも、
そうなる運命となるものを買わないのが一番ですけどね。

何ごとも身軽が一番。
理想は持ち物をバックパックひとつにまとめること。

だって、旅人ですから。

えーじ
posted by ととら at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
『1年ルール』同感です。私の家の場合、商品のダンボールが多い為、私物を増やせないのです。何か買ったら何かを処分する、私の目標です。
Posted by r66アメリカ at 2012年01月22日 21:32
r66アメリカ さま

狭い店舗、小さな家、
そして、背負える大きさのバックパック。

そうした「制限」はマイナスだけを意味するのではなく、
知恵を働かせる「機会」を生み出す場でもあるんですよね。

同じ旅人でも、こと荷物に関して言うなら、
自動車 → バイク → 自転車 → 徒歩の順で、
工夫の度合いが深まっているような気がします。

最も進んだ人とは、遊牧民や、
移動する狩猟民族なのかもしれませんね。

もう少し見習ってみたいと思っています。
Posted by えーじ at 2012年01月23日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53228678

この記事へのトラックバック