2012年02月05日

入院日記 その5

ん・・・んん?

ここはどこだ?

そうか、病院に担ぎ込まれたんだった。

何時だ? まだ暗いな。 あ、時計を持ってなかった。
1ミリも体を動かせなかったんで背中がガジガジだ。
少しは動けるかな?

はうっ! あうぅぅぅぅぅぅ・・・・

ダ、ダメか。そりゃそうだよな。
座薬程度の鎮痛剤であの痛みがどうなるものではないだろう。

でも、もう少し体をベッドの上の方へ持って行けないものかな。
これじゃ足を全部伸ばせないよ。
それにまったく動かないと床ずれになっちゃうかもしれない。

とはいえ・・・・う〜ん・・・
このハードルは低くないぞ。
何とか騙し騙し仰向けのまま這ってみよう。
目標は上へ5センチだ。
よし行くぞ、ゆっくり、そっと・・・
ん〜・・・難しいな。腰を上げずに体を動かすなんて。
それも背骨に力を入れると、

はうっ! あうぅぅぅぅぅぅ・・・・

はぁはぁ・・・・ってなっちまう。
凄い痛みだな・・・
こいつだけは勘弁して欲しいよ、ほんと。
とにかくちょっとずつ、1ミリでもいいんだ。やってみよう。

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

こうして目標を達したのは1時間半くらい後でしょうか。

はぁはぁ、いいぞ、時間がかかったけど、やればできるじゃないか。
昨夜はこれすら出来なかったんだ。こいつは進歩といえる。
取り合えずちょっと休憩しよう。

そこへ看護士さんが登場。

「どうですか?」
「ど、どうって見ての通りです。来た時から変化はありません。」
「まず、血圧を測ってから採血しますよ。」
「どうぞ。まったく動けないので上手くやって下さい。」

腕を持ち上げられるくらいなら大丈夫だな。
腰まで震動を与えなければいいんだ。

程なくして別の看護士さんかヘルパーさんが登場。

「朝食ですが、体を横にできますか?」
「無理です。腕以外は動かせません。」
「そうですか、では「カイジョ」ですね。」
「「解除」? 自分で食べられないと食事は抜きってことですか?」
「違いますよ、「介助」しますということ。私が食べさせてあげます。」

はは、同音異義語か、業界の違いだな。

「ベッドの上の方を少し上げられると助かるのですが、出来ますか?」
「それなら手元のリモコンを使って自分で出来ますよ。」

え、そんな仕掛けが? 素晴らしい!

「ありがとうございます。それでは自分でやってみますよ。
 でも飲み物は無理だな。どうしよう?」
「吸い飲みに入れてあげましょう。」
「ありがとう。」
「何かありましたらこのボタンを押して下さいね。」

ふう、朝食はサンドウイッチか、でも喉がカラカラでパンなんか喉を通らないよ。
思えば昨夜の21時から水分を全然取っていないじゃないか。
体を動かせない上に水分が不足していると血栓が出来ちゃうかもしれない。
ヤバイな。とりあえず水分だけでも補給しよう。

「すみません、お茶のお替りを頂けますか?」
「パンは?」
「まだ食べれません。もう少し水分を取れば大丈夫だと思います。」

次は・・・もうひとつの難関。トイレだ。

「あの、トイレはどうしたらいいでしょう?」
「動けない場合、小水は尿瓶か管を通して、大便はおむつをしてもらいます。」

取り合えず小便が先決だ。膀胱が破裂しそうだよ。
で、管を通すってのは確か、尿道カテーテルのことだよな?
あれは通す時に相当痛いって聞いたことがある。
っと言うわけで、

「すみません。尿瓶で行きたいと思います。」

でも完全に仰向けに寝ていて出来るのだろうか?
いや、そいつは無理だ。的がまったく見えないよ。
上手く入らないとオネショ状態になっちまう。
仕方ない。

「あ、あのですね、大変失礼ですが、手伝ってもらえますか?」
「もちろんですよ。」

うひゃ〜、初対面の女性にちんちん触られるのは初めてだっ!

「いいですよ。どうぞ」
「は、はい・・・それでは・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あ、あ〜すみません。なかなか出ませんね。」
「体を仰向けに寝かせているのでし難いんですよ。」
「ま、それもあるのでしょうけど、精神的な問題の方が大きそうです。
 こういうのって初めてなもんで。」
「焦らなくても大丈夫ですよ。ゆっくりリラックスして。」

よし、深呼吸だ。お、出そうになってきた。

「ふ〜・・・大丈夫ですか? ちゃんと入ってます?」
「大丈夫ですよ。」

「どうもありがとう。助かりました。」
「いつでも呼んで下さいね。」

親切な人だなぁ。


to be continued
posted by ととら at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53451409

この記事へのトラックバック