2018年06月13日

夢のおつり

「大型プラズマディスプレイにポスターを表示できないかな?」

10年前、
まだネクタイを締めて商業施設のシステムを管理していた頃、
広報担当からこんな相談を受けました。

なんでも、
B0サイズのフルカラーポスターを印刷するのはコストと時間がかかる上に、
広い館内での貼り換え作業もかなり負担になっているとのこと。
ポップサーバー上のデータを各ディスプレイに直接配信出来たら、
相当な省力化に繋がります。

ふ〜む・・・
技術的なハードルは高くない。
でも、コストがね〜・・・

で、この話は立ち消えに。

それから時は流れ、2018年6月12日。
昨日は小用があって新宿に行っていたのですけどね、
10年前の『夢のシステム』は、
ありきたりの情景の一部となっていました。

レトロなムードが漂う野方から西武新宿線で新宿駅に着いてみれば、
虹色に輝く巨大な電光テロップに迎えられ、
外に踏み出すと大型ビジョンにCGの少女たちが舞い、
地下街はさながらパソコンの画面を巨大化したかのような光景が
延々と続いているじゃないですか。

なんとも便利になりました。
十年一日とはよく言ったものです。

でも、疲れません?

普段、地味な野方5丁目から出ていないせいかな?
1時間もあれこれ歩き回っているうちに
あまりの光学的な情報の多さに、
目も頭もくたくたになってしまいました。

特にディスプレイのコンテンツは静止画ではなく、
動きの速い動画でしょう?

個人的に言うと、
あれはもう僕の情報処理能力を完全に超えていましたね。
ただでさえ歩行者が多いのに、
その背景まで光りながら、わらわら動いているのですから。

こりゃマジで疲れる。

で、ほどなく僕の自己防衛システムが働きはじめ、
フィルタリング機能がオンに。

見ているようで見ないようにすると大分楽になりました。

これは音も同様です。
そこかしこから流れる音楽や声も、
聞いているようで聞いていない。
こうした時の僕は殆ど『自閉モード』と言ってもいい状態。

ここでちょっと訊いてもいいでしょうか?

過剰な情報、
いや、光と音とコトバ(意味)の濁流に飲み込まれた時、
皆さんはどうしています?

雑踏の端でふと立ち止まった僕は、
10年前の夢の『おつり』に気が付いたのですよ。

それは『無関心』。

人間が溢れているにもかかわらず個々人は孤独だという、
大都会の奇妙な矛盾も、
こんなところから説明できるのかもしれない。

野方に戻る電車の中で、
僕もまた沈黙をまとう群衆の一人として、
そんなことを考えていました。

えーじ
posted by ととら at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月10日

国旗に込めた思い

国家間の紛争というのは、
何処も複雑な事情が絡んでいるものですが、
地政学的には隣どうしでもめることが殆どです。

というのも、
そもそも国境の取り決めが穏便に行われるケースは稀でしょうし、
隣に住んでいるにも拘らず、
別居するにはそれ相応の理由があるからかもしれません。

しかし、僕たちが食を巡る旅をしていて気付いたのは、
数十年、数百年の時を超えて反目し合う民族や国同士が、
実はその文化の多くを共有しているという事実です。

特に食は言語や宗教、イデオロギーの壁を易々と超え、
目に見える形で、
いや、味わい、自らの体になる形で日常に溶け込んでいるのでした。

それ故に『同じ釜の飯を食った者どうし』が戦火を交えるのは悲しい。

ととら亭では、
旅のメニューに合わせた当該国の国旗をディスプレイしています。
今の特集はギリシャとトルコ。

flags0806.jpg

この2国もまた国境を接し、
ビザンティン帝国の昔に遡る因縁の歴史を背負っています。

しかし彼らもまた例外ではなく、
食という文化の低層は、両国をしっかり結び付けているのでした。

僕たちがこうしたディスプレイを始めたのは、
当該国の国旗を紹介するだけではなく、
時にはその結びつきを表そうと思ったからなのです。

そういえば奇しくも両国の国旗を支えている小さな花瓶は、
アルメニアのエレバンを訪れた時に蚤の市で買ったものです。

僕たちの歴史は侵略と略奪にまみれています。
でも、シェアしていることだって沢山ある。

心の痛むことが絶えない昨今、
これは希望の原点と言えるのではないでしょうか?

えーじ
posted by ととら at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月07日

Back stage of Tototratei

どんな仕事にも『舞台裏』があるものです。
僕らの場合、旅の料理の試作がそのひとつ。

どうやって現地の味を再現するのか?

これまで何度もいろいろな方からご質問を頂きましたが、
作業そのものは至って地味なものなんですよ。
思えばこのプロセスは、
ちょっとゴルフに似ているかもしれないですね。

最初はドライバーでバーンと飛ばし、
そこから先は少しずつ寄せてホールに沈める。
微妙なところで味が決まらない時は、
ホールから半径50センチ圏内で行ったり来たり・・・

不運にも1打目で池に飛び込んだり、
バンカーにはまってしまうこともあります。

特にヨーロッパ以外の文化圏の料理では、
ともこの持ち前のスキル(和・仏・独料理)が使えないケースがあり、
失敗が続くと、
とばっちりを恐れた僕がキッチンに近付かなくなるのも珍しくありません。
(コワイんですよ)

で、いま挑戦しているのがモザンビークとスワジランドの料理。

だからヤバいです。

いや、レシピが難解だからではありません。
クッキングメソッドのノリが違うんですよ。

ともこの場合、修行時代に習った料理のジャンルのみならず、
性格的にもきっちり仕事をやろうとします。
しかし、アフリカのプリミティブな料理は、
良くも悪くもラフなんですよ。
ちまちまやらないでババ〜んと作っちゃう。

こりゃもう音大出のクラシックプレーヤーに
デスメタルを演奏させるようなものなんですね。
(僕のプロデューサーとして苦労をお察し下さい)

それでも今回、なんとか4品の試作に成功し、
写真撮りまで終わりました。
あとは提供ラインの整理と味と香りの微調整。
めでたしめでたし・・・

と行けばいいのですが、飲食店ならではのオチが待っているのです。

makanai052018.jpg

これ、ある日の賄い風景なんですが、
並んでいるのはモザンビークとスワジランドの料理。

美味しそう?

あ〜、確かに美味しいんですけどね。
でも、試作とはいえ一度に作る量は8人前くらいあります。
それに試作も1度では終わりません。
ってことは、この同じ内容の賄いが延々と続くわけなんですよ!

そういえば今やっているギリシャ料理特集の時も、
ムサカなんて二人で30食分は食べたんじゃないかな?

取材だけではなく、
試作もまた過酷なフードファイトのととら亭でございました。

えーじ

P.S.
その苦労の結晶のギリシャ料理特集は、
6月16日(土)で終了します。
お食べ逃しなく!!
posted by ととら at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月04日

第16回取材旅行の準備 その2

『その1』では今回の渡航国をお話しましたので、
今日はルートを詳しく見て行きましょうか。

コストの問題で、
残念ながらフィンエアーさんのヘルシンキ直行便を諦めた僕らは、
カタールのドーハ経由でノルウェーのオスロへ向かうことにしました。
そこから車窓を流れる景観の美しさで知られるベルゲン鉄道に乗り、
西部のフィヨルドのゲートウェイ、ベルゲンを目指します。

今回、少し早めの3月上旬にブッキングを始めた理由はこれ。
ベルゲンからアクセスする欧州最大のソグネフィヨルドは、
北欧きっての観光地のひとつ。
特にピークの初夏は大変混雑する上に宿泊施設はそれほど多くありません。
一般的に宿は安いところから埋まってしまいますから、
予算の乏しい僕らがのんびりしているわけにはいかなかったのです。
ま、本来の目的は北海に面した魚市場のシーフードなんですけどね。
(おいしそうだ〜!)

さて、ベルゲンからは船でソグネフィヨルドへ行き、
奥端の小さな街フロムで下船。
そこからはまた鉄道でミュールダールを経由してオスロに戻ります。

宿だけではなく、
こうした交通手段も事前にブッキングできるところが
やっぱりヨーロッパですね。
1月の取材旅行で行ったアフリカ南部とは大きな違いです。
あの辺を陸路で国境越えをするとなると、
すべからく出たとこ勝負になりますから。

ともあれ交通手段を確保したのはここまで。
オスロから先は例によってフレキシブルに行きますよ。

プランAでは、
まず鉄道で国境を越えてスウェーデン西部の商業都市ヨーテンボリへ。
そこで1泊したのち、再び鉄道でストックホルムまで北上し、
スウェーデン料理の取材を進めます。

一般的にドイツと並んで『美味しいものがない!』と不評の北欧料理。
しかし調べてみるといろいろあるのですよ。
ここはひとつ旅人の勘でドイツ料理特集の時と同じく、
美味しい料理を探し出したいですね。

次はフェリーで海上の国境を越えてフィンランド領のオーランド諸島に上陸。
ここのマリエハウンで1泊したのちまたフェリーで対岸のトゥルクに渡り、
最後は鉄道でヘルシンキを目指します。

よくあるツアーコースと違ってかなり蛇行したルートですが、
取材地が首都だけだと料理の内容に偏りが生じる可能性があるため、
なるべく地方都市を絡める必要があるのです。

交通手段は場合によって鉄道からバスに変えるかもしれません。
混雑するルートはオスロ、ベルゲン間を除いて外しているものの、
いずれも現地の状況次第ですね。

6月下旬と言えば白夜の季節。
夏至の祭りが行われる6月22日は予定通りだと、
ベルゲンからフロムを経由してオスロへ戻る日です。
22時半頃まで明るいし治安も良いので行動時間の幅が広く取れます。
ちょっと得した気分ですね。

え? 今回はすんなり行きそうでつまらない?

いや、そうでもないのですよ。
実はビミョーな不確定要素がふたつありまして。

それがどうなるかは現地から道々お話しますね。

えーじ
posted by ととら at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月01日

20分後の未来で

遅ればせながら観てみましたブレードランナー2049。
で、その感想は・・・

良かったです。

というか、安心しました。

まだ観ていない方もいると思うので詳しい内容には触れませんが、
『ハリウッド版惑星ソラリス』のように、
精神性が抜け落ちたコケ方はしていませんでしたから。

でも厳しい意見を言うと、
テーマといい全体の構成といい、
前作を踏襲した域を超えていなかった・・・と思うのですよ。

だからコケていなかった。

ただ『人間にとってヒトの定義とは何か?』という重いテーマを描くために、
人間と見分けのつかない工業製品のレプリカントのみならず、
昨今、巷で話題のAIが登場したのは示唆的でしたね。

なぜなら、
バイオテクノロジーがレプリカントを作れるレベルまで進化するより、
映画の中で登場したジョイのようなAIを実現する方が、
遠い未来の話ではないからです。

ホログラムではなく、マックス・ヘッドルーム(※1)のような、
サイバースペースに棲む疑似人格を製品化するのに、
もはやさほど時間はかからないでしょう。

それはすなわち、
古くて新しい疑問の再来に他なりません。

『人間にとってヒトの定義とは何か?』

これは哲学的なヒマつぶしでも分類学上の議論でもなく。
僕たち市井の市民にとって、今ここにある問題となりつつあるのです。

意識的にも、無意識的にも、
僕たちはヒトから生まれた生物を人間と呼んでいます。

しかし、この認識は少なくともギリシャ神話の昔にはほころびかけていました。
そう、ピュグマリオーン(※2)にとって人形は人間と等しかったじゃないですか?

コギト(我)以外の全てを疑ってかかったデカルトですら、
フランシーヌと呼んだ人形を人間のように溺愛していた。

そしてそれは時と場所を隔てた例外的な事例ではなく、
ロボット犬のAIBOの葬式が真面目に行われている現代の日本において、
十分すぎる土台が完成していると思いませんか?

僕は確信しているのですよ。

やがてAIと恋に落ちる人が現れる。
必ずね。

その先に待っているのは、
あなたのお子さんがフィアンセを紹介したいと言ってきた時、
その相手が生身の人間である保証のない世界なのです。

だからいま、僕たちは考え始める必要があると思うのですよ。

『人間にとってヒトの定義とは何か?』を。

えーじ


※1 マックス・ヘッドルーム
1987年、アメリカのABCで放送された近未来ドラマに登場する、
人間の記憶をサイバースペースに移植して再構成された疑似人格。

※2 ピュグマリオーン
現実の女性に失望し、自ら彫り上げた彫刻のガラテアと恋に落ちたキプロス島の王。
posted by ととら at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月29日

異業種コミュニケーションの妙味

先日、
拙著の出版社から面白い企画のオファーを頂きまして。
なんでも今度は著者のお気に入りの仕事道具を
イラスト入りで紹介するそうな。
そこでどんな記事かとアクセスしてみれば・・・

かもめの本棚online
わたしの仕事道具

なぁ〜るほど、面白いですね!
記事だけではなく、イラストにまた味があるじゃないですか。
メモ書きのような説明もいい雰囲気だし。

でも、僕の仕事の小道具ってなんだろ?
ともこならネタに困らないけど、
僕の場合は・・・ソムリエナイフ?
でも別にソムリエじゃないしストーリーもない・・・

んじゃ本の執筆に使ったノートPC!
では絵にならないし味気ない・・・
どうしたもんだろ?

そうか、旅の小道具ならいろいろありそうだ!

そこで幾つか候補を見繕って村尾編集長に訊けば、
意外なチョイスの回答が戻って来ました。

そうして行われた取材。
僕は原稿を担当する川島さんのインタビューを受けつつ、
どうしても視線は目の前で筆を走らせるイラストレータの高尾氏の手元に・・・

いやぁ、こうしてプロの手業を間近で見るのは久し振りです。
単純に模写しているのではありません。
目の前のオブジェが彼の感性を通して紙上で再構成されて行くのですよ。

そしてそれに色が入り始めると、
これまた写実の世界からかけ離れた、
高尾氏独自の絵になるじゃありませんか!

いやぁ〜、役得、役得・・・いい経験を・・・
もとい、いい仕事をさせて頂きました。

interview0518.jpg

そうそう、
ちょうど明日から高尾斉氏をはじめとする8名の作家のグループ展が始まります。

メルヘン展
5月30日(水)〜6月4日(月)
銀座ミレージャギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5 オオイビル4F
11:00〜19:00 火曜休廊 wed.12:00〜 mon.〜17:00
(tel/fax) 03-6303-8844

僕の記事がアップされるのは7月上旬の予定です。
乞うご期待!

えーじ
posted by ととら at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月26日

あり得ないはあり得ない

「大変だなぁ・・・」

巷ではアメフトの反則行為が社会問題化しておりますが、
他人事だと思って安心していちゃいけません。

先日、
対面通行の道路の左端を自転車でとろとろ走っていた時のこと。

ふと20メートルほど前の右側に男性の姿が目に入りました。
20歳代と思しき彼は僕と同じ方向に向かって歩いています。

で、僕は何ごともなくそのまま直進。
ところが彼との距離がほぼ15メートルくらいになったその瞬間、

え?

僕は一瞬なにが起こったのか分かりませんでした。
彼は突然、クウォーターバックから
タッチダウンパスを受け取るレシーバーのように、
後ろ向きで斜めの方向に走り始めたのです!
そう、僕に向かって!

僕は反射的に急ブレーキをかけて停まりました。
しかし後ろ向きで疾走する彼は止まりません。

衝突まであと数メートル!

「危ない!」

ここでようやく僕に気付いた彼もストップ。

こ、このプレーはいったい何なんだ?
彼はアメフトのユニフォームを着ていないし、
クウォーターバックが投げたボールもない。、

我に返った僕は静かに言いました。

「轢かれちゃうよ」

スマホから伸びたイヤフォンを片耳に入れたままの彼は、
笑顔を浮かべて、

「あ、すみません」

人間の社会であり得ないプレーはない。
グラウンドだけではなく一般の道路でも。

気を付けましょう。

えーじ
posted by ととら at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月22日

勉強と仕事の違い

5月も下旬。
新卒のルーキーたちがそろそろ実戦配備される時期ですね。

ととら亭にも「研修期間が間もなく終わります」、
と言っていた若者たちが何人か来ていました。

これから彼、彼女たちはどんな世界に羽ばたいて行くのでしょう?

最初はただ新しい環境に慣れ、仕事を覚えるだけで精一杯。
そしてようやく一息つけたところでぶつかるのが、
『勉強と仕事の違い』という壁なんですよね。
これは『理論と現実の違い』とも言い換えられるかな?

官民を問わず、
大なり小なり組織の中で働いた経験のある方なら説明不要でしょうが、
『ヒト、カネ、モノ、時間』という、
仕事に必須の4大リソースを教科書通りに与えられて、
「さぁ、行ってこい!」と始まる仕事はまずありません。(よね?)

で、たいてい不足しているのがヒト。

「マジですか? これをこの人数でやるの?」

と唖然とするのは一種の社会的な通過儀礼。
こうして社会人としての一歩を踏み出すわけです。

次がカネ。
期初に見込んでいなかった突発的な事案では、
カツカツの予算でやり繰りしなければなりませんし、
大事な得意先から減額プレッシャーをかけられれば、
四方八方に頭を下げまくっての膨大な社内調整が待っています。

そして僕が個人的に一番泣いたのは時間でしたね。
(皆さんもそうじゃありません?)
ある程度の場数を踏んだ社会人なら、
キックオフの時点でマスタースケジュールを一瞥すれば、
その後に自分たちを待ち受ける悲しい運命を悟るものです。

さて、
こうしたナイナイづくしのミッションをどうやって切り抜けるのか?

最初は僕も愚直に教科書どおりの100点満点を狙っていましたけど、
次第に大人の世界の現実を学習し、
走り始める前に与えられたリソースで可能な到達点を考えるようになりました。

これじゃ逆立ちしたって70点が限界だよ・・・

という具合に。

そこで求められるのは、
70点でも「ほら、できたじゃないですか!」と関係者を納得させるストーリー。
こういうのはMBAの試験にも出てこないでしょうね。

個人事業主となった今では、
かつてほどこうしたメタレベルの苦労は減りましたけど、
それでもゼロというわけではありません。

そうした意味で大人の仕事の世界ってのは、
何処へ行っても似たり寄ったりなのですよ。

Welcome to the REAL WORLD!!

えーじ
posted by ととら at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月20日

ありふれた日常に

今朝、ぼ〜っとしながらお店に向かって歩いていた時、
40歳代前半と思しき女性とすれ違いました。

彼女の手にはマックの紙袋。
大きさからして2〜3人分くらいかな?

朝日に目を細めた表情は、どこか微笑んでいるみたい。
足早な様子からは、
彼女を待っている人のために「早く帰らなくちゃ!」、
という気持ちが伝わって来るようです。

誰と一緒に食べるのでしょうね?

友だちと? 恋人と? それとも家族と?

大切な誰かと一緒に食べる日曜日のちょっと遅い朝食。

それは何でもいいのですよ。

おいしいね?
うん!

そうして過ごすありふれた日常が、
実は幸せの原点なのだから。

僕は旅人ですが、
幸せを探して旅をしているのではありません。

それは地球の裏側に行かなくても、
本当は、すぐ手の届くところにあるのですよ。

ただ、僕たちはそれに気付いていないだけ。

え? 
ああ、さっきの彼女は、
きっと知っているんじゃないかな?

えーじ
posted by ととら at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月17日

空飛ぶ資本主義

前回に引き続き、今日も飛行機ネタをもう一丁。

これまた素朴な印象なのですけどね、
飛行機、いや、空港も含めて、
あの巨大な輸送システムは、
資本主義の典型的なモデルのひとつだと思うのですよ。

実はこれ、僕の友人がかつて指摘したことでもありました。
少年時代に経済的な苦労が絶えなかった彼いわく、

「差別はいけないことですよね?」
「そのとおり」
「でも、日本では差別がまかり通っているじゃないですか」
「・・・? そうかい? たとえば?」
「経済差別ですよ。
 所得の内容で差別されることは誰もなんとも思わない。
 えーじさんが行く旅だってそうでしょう?」

云われてはたと思い当たりました。

僕たちには当然のことですが、
空港ではチェックインの時からエコノミークラスとビジネス、
ファーストクラスでカウンターが違います。
その後もラグジュアリーなラウンジでくつろげるのも、
並ばずさらっと搭乗できるのも、
当然僕たちエコノミークラス以外の方々。

そして機内となれば、
20パーセントの富裕層と80パーセントの庶民層に区画がきっぱりと分かれ、
前回お話したエコノミークラスの過酷な環境とは全く異なるバラ色の世界が、
機体の前部か上部に用意されています。

支払った金額に応じてサービスが異なるのは、
資本主義社会でごく当たり前のこと。
そう納得しつつ、こんなことも思い出しました。

僕がインドに行った時、
駅の中の食堂には入り口が二つ並んであったのです。
そしてそれぞれのドアの上に書かれていたのは、
Vege と Non Vege という言葉。
これは『菜食主義者(ハイカースト)』と
『菜食主義者ではない人々(ローカースト)』を意味していたのですね。

白人と黒人のドアが異なっていたアパルトヘイト時代の南アや、
かつて知った公民権運動以前のアメリカの状況を思い出し、
公の場所におけるカースト制度のあからさまな『差別的』表現に
驚いたのを覚えています。

しかし「人を指差してもの申す時には、
その指が汚れていないか見てからにしてくれ」
というボブ・マーリーの言葉通り、
経済差別を指摘した友人を思い出した時、
安易に他国のことは言えないな、という気がしました。

というのも、
おカネは建前上、その持ち主の『労働の成果』ですが、
『そうでない』場合も少なくありません。(でしょ?)
そう、平等なようでいて個人的な財ってのは微妙なものなんですよ。

ですからキューバ人が日本の空港を訪れた時には、
僕がインドで感じたことと似た印象を持つかもしれない。
その可能性は否定できませんよね。

キューバはいまや世界で唯一の純粋な社会主義国家。
政治体制だけでなく、
経済も中国やベトナムのようなダブルスタンダードではなく、
国民総公務員でやっている平等マニアなのですから。

あれ? でもクバーナ航空(キューバのフラッグキャリア)には、
エコノミークラスの他にビジネスクラスもあるじゃん?

お〜、ってことは、
ついに空の上は資本主義が席巻したのか!

えーじ

Ending Theme "MONEY" by Pink Floyd
posted by ととら at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記